伊右衞門の「右」はなぜ読まない?読まない漢字のワケ

伊右衞門的“右”字為何不發音?一起來聊聊那些不發音的漢字吧

伊右衞門や石川五右衞門など名前に「右衞門」がつく場合、「右」は黙字として発音しません。一方、「左衞門」は「さ(ざ)えもん」と「左」を発音するのは疑問ですよね?

伊右衞門和石川五右衞門等名字前有“右衞門”的情況下,“右”字是不發音的。而“左衞門”唸作“さ(ざ)えもん”,“左”字又是發音的,真是讓人摸不着頭腦吧?

伝説の盜賊『石川五右衞門』。『五右衞門』と書いて【多寶網】と読みますが、"右"の音はどこに行ってしまったのでしょうか

傳説中的盜賊“石川五右衞門”,寫作“五右衞門”讀作“ごえもん”,那“右”字的發音去哪兒了呢?

「右」は読まないのに「左」は読む

不讀“右”讀“左”

一方、江戸中期の浄瑠璃歌舞伎作家『近松門左衞門』は【多寶網】と"左"も発音します

另一方面,江户中期的淨琉璃歌舞伎作家“近松門左衞門”讀作“もんざえもん”,“左”字也是發音的。

頭に文字を付けた場合「左衞門」の部分は「~さえもん」ではなく「~ざえもん」と読む場合が多いそうです。

“左衞門”加在詞頭的時候,大多唸作“~ざえもん”而不是“~さえもん”。

「五右衞門」はゴエモンですが、右が語頭にある「右衞門督」はウエモンノカミと発音します

而“五右衞門”則唸作ゴエモン,但右字若放在詞頭,如“右衞門督”,則唸作ウエモンノカミ。

頭に文字を付けた場合「右衞門」の部分は「~うえもん」ではなく「~えもん」と読む場合が多い

“右衞門”加在詞頭時,大多唸作“~えもん”而不是“~うえもん”

どうやら「右衞門」は「○右衞門」のように、頭に文字が付いたときだけ「右」が発音されないそうです。

看來,“右衞門”就像“x右衞門”一樣,只有加在詞頭的時候,“右”字從不發音。

○○衞門の名前の由來

XX衞門姓名的由來

昔の人の名前の「衞門」。もともと平安時代の役所の名前で「衞門府」というのがありました。衞門府はその名の通り朝廷の門を守衞していて、「右衞門府」と「左衞門府」がありました。衞門府を退官した人が証として自分の名前に「右衞門」や「左衞門」を入れて通稱として名乗りだし、さらに子供の名前に入れるのが流行しました。その後、時代が経つにつれて先祖が「衞門府」出身であるかにかかわらず人名として使われるようになったそうです。悪名高い大盜賊の石川五右衞門ももとをたどると由緒正しい名前だったわけです。

過去的人姓名裏有“衞門”二字,原本在平安時代,衙門的名字裏有“衞門府”字樣。衞門府如其名,是守衞朝廷的門楣,有“右衞門府”和“左衞門府”。從衞門府辭去官職的人,為了證明自己曾任職官中,便在名字裏加入了“右衞門”或“左衞門”的字樣,而且還流行在孩子的名字裏也加入這些字。之後,經過時代的變遷,不管祖上是否出身於“衞門府”,這些字都作為人名來使用了。臭名昭著的大盜賊石川五右衞門,要是追溯其根源,也算是根正苗紅的名字。

もともと右衞門の「衞」は「え」じゃなくて「ゑ」だった

原本右衞門中的“衞”字讀作“ゑ”而不是“え”

ワ行の「ゑ(we)」で「うぇ」と発音していた

ワ行的“ゑ(we)”發音為“うぇ”

右衞門はもともと「うゑもん」と発音されました。英語ふうに書くと[u-we-mon]

右衞門原本讀作“うゑもん”。用羅馬音來書寫的話,則是“u-we-mon”

奈良時代には、ヱは [we] と発音され、ア行のエは [e] と発音されて區別されていた

奈良時代,ヱ發音為“we”,而ア行的エ則發音為“e”,以此作為區別

ワ行(わ、ゐ、う、ゑ、を)の「わ」以外は母音として扱われます。この「ゑ」という文字は「恵」をくずしたもので、カタカナにすると「ヱ」。かぎつきの「エ」になります。

ワ行(わ、ゐ、う、ゑ、を)除了“わ”以外,都作為韻母使用。而“ゑ”則是“恵”字的草書寫法,寫作片假名的話則是“ヱ”,平假名的話就是“エ”。

昔の日本では語頭以外で母音が連続するのは避けられていた

在過去的日本,除了詞頭以外,會避免連續使用韻母

「ごううぇもん」→言いづらいので「ごえもん」に

ごううぇもん→説起來很拗口,故改作“ごえもん”

古來の日本語では一語中で母音が連続すること(連母音)が嫌はれました。簡単にいふと語頭以外に「あ、い、う、え、お」の文字が來るやうな語は存在しにくかつたのです

在古日語中,不喜歡在一個詞彙中連續使用韻母(連韻母)。簡單來説,詞頭有了“あ、い、う、え、お”以外,再加一個韻母成了雙元音的話,就很拗口。

人名の場合は、右の上に「五」などがつくわけですが、日本語には古くから「語中 語尾にある母音はほかの母音とくっついてひとつになってしまうか、発音のなかで摩滅してしまう」という傾向があります

有一些人名的情況下,雖然“右”前面會加“五”等字樣,但日語自古就有“詞中、詞尾的韻母與其他韻母相連就會融為一體,發音會產生互相抵消”的傾向。

頭に何も無い「右衞門」は「うえもん」と呼ばれることも多い。

所以,像“右衞門”這樣詞頭什麼都不加的,大多會讀作“うえもん”。

「ごうゑもん」の場合、ウという母音が語中にぽつんとあるのが日本語として非常に不安定なために、いつの間にか欠落してしまうわけです

而“ごうゑもん”,ウ這個元音孤零零地出現在詞中,是一種非常不穩定的日語,漸漸也就被遺漏了。

「ゑ」も母音扱いなので母音の衝突を避けるため「う」が無くなったとも考えられます。「體育(たいいく)」が発音では「たいく」になるようなものです。「左衞門」の「左」は「さ(sa)」と子音+母音になっているので変化する必要がないわけです。

ゑ也是被當作元音的,為了避免元音之間的衝突,使得“う”就自然消滅了。就像“體育(たいいく)”一詞的發音成了“たいく”一樣。“左衞門”的“左”發音為“さ(sa)”,是聲母+韻母的組合,所以沒必要變化。

現代ではえと同じ発音である。現代仮名遣いでは「ゑ」は使われず、代わりに「え」と書かれる

現代也有和え一樣的發音。不過現代已經不使用“ゑ”這個假名寫法,而是用“え”代替。

時代が経つにつれて発音も文字もア行の「え」に統一されていきました。「うゑもん(ううぇもん)」→「うぇもん」→「えもん」と変化していったわけですね。

隨着時代的變遷,發音也好文字也好,都統一成了ア行的“え”。即變化歷程是:“うゑもん(ううぇもん)→うぇもん→えもん”。

ドラえもんも正しくは「ドラゑもん」?

ドラえもん(哆啦A夢)正確的發音是“ドラゑもん”?

中國語では「哆啦A夢」と書き、なぜか「え」の部分が「A」になっています。ちなみにドラえもんの「えもん」がひらがなの理由は、ドラえもん百科(片倉陽二著、藤子不二雄監修)によると、もともとは「ドラエモン」だったのが、ロボットの戸籍調査の時に「エモン」のカタカナが分らなくて、ひらがなで「えもん」と書いた為に、「ドラえもん」となってしまったという設定だそうです。これは後付けの設定なので元のいきさつは不明です。

在中文裏,寫作“哆啦A夢”,不知道為什麼“え”的部分變成了“A”。順便説一下,ドラえもん的“えもん”寫成平假名的理由,根據ドラえもん百科(片倉陽二著、藤子不二雄主編)一書,原本是寫作“ドラエモン”的,然而在調查機器人户籍時,因不知道エモン的片假名,就用平假名寫成了“えもん”,於是就成了“ドラえもん”。這是之後加上去的角色設定,而事情的原委內情就不得而知了。

伊右衞門をローマ字にするとIYEMONと「Y」が入る

伊右衞門若寫成羅馬音的話,則是IYEMON,加入了字母“Y”

「IEMON」や「IWEMON」じゃないのは外國人対策らしい

不是IEMON也不是IWEMON,據説這是針對外國人的寫法

これを「IYEMON」とするのは「IEMON」だと主に英語圏の人に「イーモン」と読まれそうなのでそのための対策だと思います

若把IYEMON寫成IEMON的話,特別是英語圈的人,會讀成“イーモン”,因此才特意這麼寫的。

同様に「IWEMON」だと外國人は「w」をハッキリ発音するため「イウェモン」と読まれてしまうそうです。

同樣的,如果寫成IWEMON的話,外國人為了清楚發出w的音,而讀成イウェモン的。

鎌倉時代に入るとヱとエの混同が顕著になり、13世紀に入るとヱとエは統合した。ヱが [we] から [je] に変化することによって エと合流したと考えられている

進入鎌倉時代,ヱ和エ越來越明顯地不再區分使用,到了13世紀,ヱ和エ就統一化了。ヱ的發音從we變化成je,從而和エ融為一體。

さらに「ゑ(うぇ)」が「え」に統合する過程で「いぇ(ヤ行のえ)」と発音されていたそうなので、ヤ行の子音の「Y」が使われてもおかしくはないそうです。16世紀のキリシタン資料でも「え」「ゑ」「ヤ行のえ」をすべて「YE」と表記していて、発音もすべて[je]だったそうです。

還有,ゑ(うぇ)在與え統一的過程中,則經歷過發音成いぇ(ヤ行的え),所以使用ヤ行聲母的“Y”也就不奇怪了。16世紀的天主教資料曾記載,え、ゑ、ヤ行的え全都用YE標記,發音也都是je。

聲明:本雙語文章的中文翻譯系滬江日語原創內容,轉載請註明出處。中文翻譯僅代表譯者個人觀點,僅供參考。如有不妥之處,歡迎指正。

相關學習推薦:

>>>日語入門新人領取專屬學習福利

>>>免費學日語音變與漢字發音規律