「輸入」の本來の読み方は?

“輸入”原本的發音是?

「輸入」の本來の読み方は「しゅにゅう」です。今では國語辭典でも「ゆにゅう」と載っていますが、「ゆにゅう」という読み方が定着したのは明治時代以降です。それ以前は「輸」を「しゅ」と読んでいたので、「輸出」も元々は「しゅしゅつ」と読んでいました。

“輸入”原本的讀音是“しゅにゅう”(syunyuu)。現在日本語辭典上記載的讀音為“ゆにゅう”(yunyuu),這個讀音是進入明治時代後才固定下來的。在那之前,因為“輸”的讀音為“しゅ”(syu),所以“輸出”原本也讀作“しゅしゅつ”(syusyutsu)。

慣用読みとは?

慣用讀法是指?

「輸入」を「ゆにゅう」と読むのは慣用読みです。この慣用読みとは「一般的に広く使われている読み方」のことです。誤読などから本來とは異なる呼び方が定着した慣用読みは、「輸入」「ゆにゅう」以外にもたくさんあるんですよ。今回は2つご紹介します!

“輸入”的慣用讀法是“ゆにゅう”(yunyuu)。這個慣用讀法是指“普遍地廣泛地使用的讀法”。因為人們普遍“誤讀”,和詞彙原本讀音不同的讀法成為了慣用讀法。這樣的情況除了“輸入”“ゆにゅう”(yunyuu)外還有很多。下面再介紹其中的兩個!

依存の読み方は?

依存的讀音是?

「ずーっとスマホを見ちゃって目が疲れる!トイレもお風呂もずーっとスマホ。私、スマホ依存症かも?!」この「依存」という漢字、何と読みましたか?ほとんどの人は「いぞん」と読んだのでは?実はこれも慣用読み。本來は「いそん」と読むんです。

“一直盯着手機看會造成眼疲勞!上廁所和洗澡也要看手機。我是不是有手機依賴症?!”“依存”這個漢字詞彙怎麼讀?大部分人都讀作“いぞん”(izonn)吧?其實這也是慣用讀法。本來的讀音是"いそん"(isonn)。

堪能の読み方は?

堪能的讀法是?

大好きな彼とのデートでおいしいディナーを堪能♡といった、SNSで見かけるリア充投稿。こちらの「堪能」もよく目にしますよね。「たんのう」と読んだあなた、実はこちらも慣用読みなんです。本來は「かんのう」と読むんですよ。

和最喜歡的男朋友約會,享受美味的晚餐♡在SNS上能看到像這樣的現充內容。這裏的“堪能”一詞也經常能看到。“たんのう(tannnou)”也是慣用讀法。本來讀作“かんのう”(kannnou)。

注意:表示“心滿意足”的「堪能」只能讀作“たんのう(tannnou)”。因為這是從「足る→足んぬ(足るの名詞化)→たんのう」變化而來的,而非「堪能(かんのう)」的誤讀。

翻譯為滬江日語原創,未經授權禁止轉載。

相關學習推薦:

>>>日語入門新人領取專屬學習福利

>>>免費學日語音變與漢字發音規律