『本を読む女』—林真理子さんの歴史小説の出発點!自身の母をモデルにして、本を読むことだけを心のかてに昭和を懸命に生き抜いた一人の文學少女の半生を描いた力作長編小説。

『本を読む女』(《讀書的女人》直譯,暫無官方譯名)是林真理子創作的首部歷史類小説!這部長篇力作以其母為原型,講述了在昭和時代一位愛書如命且努力拼搏的文學少女的半生。

2003年にNHK「夢見る葡萄〜本を読む女〜」としてテレビドラマ化されました。菊川憐さん主演。

2003年『本を読む女』被NHK電視台改編為電視劇《夢幻葡萄園~讀書的女人~》。該劇由菊川憐主演。

0元日語體驗課找到你適合的學習之路

日文書名:本を読む女

中文書名:暫無

作者:林真理子

類型:歷史;女性

本書簡介:

時代は太平洋戦爭前後。本を読むのがなによりも好きな女の子・小川萬亀(まき)が主人公です。萬亀は本を読むのが好きなだけの平凡な女の子です。しかし突然の父の死と戦爭の始まりによって、彼女の人生は否応なく時代の流れに巻き込まれてしまいます。進學、就職、結婚という人生の岐路において、常に夢や希望を現実に押しつぶされつつも、読書を心の支えに懸命に自分の人生を生き抜いた萬亀。夢や希望を押しつぶされれそうになりながらも、本を支えに昭和という時代を生きた、一人の文學少女の成長を描きます。

故事發生在太平洋戰爭前後。主人公小川萬亀是一位愛書如命的女孩。然而,父親的突然去世以及戰爭的爆發,她的人生被迫捲入進時代的洪流中。學業、工作、婚姻…在走到人生每一個分岔路時,她的夢想與希望都會被現實無情地擊碎,但她始終沒有放棄讀書,書籍成為了她的精神寄託,在亂世中頑強地生活下去。這是一位文藝女性的成長史,雖然夢想與希望化為泡影,但她在書籍的支撐下堅定地走過了昭和時代。

推薦理由

『本を読む女』は萬亀(まき)という女性の少女時代から30歳過ぎまでを描いた物語。舞台は昭和初期から太平洋戦爭に敗れ、復興がようやく始まろうとする頃まで。萬亀も、母親の敷いたレールに反発しながらも、あえてそこから踏み外す勇気もなく、いつも、心が完全に満たされることのない毎日を送る。見合いで一度會っただけの男と結婚し、その男を愛しているという実感のないまま戦爭に送り出す。夫の出征中に生まれた長男は、すぐに病気で死んでしまい、夫の生死も知れぬまま年月は過ぎていく・・・。

『本を読む女』講述了女主人公萬亀從少女時代到其30多歲的故事。故事從昭和初期開始到太平洋戰爭戰敗日本開始戰後復興結束。萬亀一方面內心想要極力擺脱母親對她的操控,另一方面卻沒有勇氣進行反抗,過着提線木偶般的生活。她在包辦婚姻下嫁給了先前只有一面之緣的男人,還未來得及看清彼此的心意,丈夫就上了戰場。她的長子在丈夫外出打仗時出生,不久便夭折。多年過去,丈夫也生死未卜......

満たされることなく、幸福とは言えない萬亀を救ってくれるのは、いつも「本」だった。

一直以來是“書”治癒了生活慘淡不幸的萬亀。

この物語の章立てには、「一章」「二章」という數字の代わりに、本のタイトルが並ぶ。「赤い鳥」「放浪記」「斜陽」などなど。

本書各章節也並非以“第一章”“第二章”來命名,而是以《赤鳥》《放浪記》《斜陽》等書名來命名。

萬亀のモデルは、林真理子の母親だそうだ。物語の中に、林真理子自身は登場しない。本を愛する人にとっては、味わい深い一冊だ。

主人公的原型正是作者林真理子的母親。在本書中,作者自身並未登場。對於熱愛讀書的人來説,這會是一部值得品味的佳作。

考證?留學?找工作?想提升日語口語能力先找專業老師制定學習方案