日本語の「ふ」の発音は、[ɸu] 。[fu] でも [hu] でもありません。日本語以外ではほとんど使われることのない特殊な子音をもつため、日本語を學ぶ外國の人からはとても難しい発音とされているようです。

日語中「ふ」的發音是:[ɸu] 。既不是[fu] 也不是[hu] 。除了日語之外其他語言中幾乎沒有這個音, 它還貌似給學日語的外國人惹了超多麻煩。

日本語の「ふ」の発音は、世界でも珍しかった

日語中「ふ」的發音,放眼世界只此一家。

上下の脣を、うを発音するときのように中央を殘して閉じ(突き出す必要はない)、隙間から息を摩擦させて通すときに出る無聲音(無聲両脣摩擦音[ɸ])。

上下嘴脣像發假名う的時候一樣合攏,中間留一個小縫隙(不要撅嘴脣),送氣摩擦縫隙的時候發出的無聲的氣音(不發聲雙脣摩擦音[ɸ])。

蠟燭を「フッ」と吹き消すときのように、上下の脣を近づけて、その隙間から息を出します。

就像一口氣吹滅蠟燭時候的感覺一樣,上下嘴脣併攏,從中的縫隙中送氣發出的聲音。

ろうそくの火を吹き消したり、熱いお湯を冷ますときの音が日本語の「ふ」です。日本語だけとは限りませんが、かなり特殊な発音です。

比如吹滅蠟燭的時候,或者吹涼熱開水的時候發出的音就是日語中的「ふ」。雖然不能説只有日語中有這個音,但確實不是一般的發音。

この[Փ]の子音をもつ言語はとても珍しく、外國人にとって日本語の「ふ」はかなり習得が難しい発音のようです。「ふ」は"f"でも"h"でもないようです。少なくとも、英語の"f"や"h"とは違う。

包括[Փ]這個輔音的語言非常少見,故而對外國人來説日語中「ふ」是相當難以掌握的發音。「ふ」既不是f,也不是h。至少,不是英語中的f或者h。

[Փ] と [f] と [h]

從音素的角度分析三個輔音

日本語の「フ」は、無聲両脣摩擦音で、IPAでは[ɸ]で表されます。ちなみに、[f]は無聲脣歯摩擦音、[h]は無聲聲門摩擦音です。

日語中的「フ」是清雙脣擦音,國際音標中用[ɸ]來表示。順帶一提:[f]是清脣齒擦音,[h]是清聲門過渡音,俗稱清喉擦音。

f は脣と歯の摩擦音,Φは脣の摩擦音,h は脣とは関係のない,口の中を摩擦させる音です。脣が関係しているという點で,f と Φ は似ていますが,厳密には異なる音。

也就是説f是嘴脣和牙齒的摩擦音(上牙輕觸下脣),Φ主要是雙脣摩擦,h發音本身和嘴脣無關,是氣流摩擦喉嚨發出的聲音。

ローマ字に「f」を使い、外國語の/f/の発音を音寫するが、脣歯摩擦音である/f/と無聲両脣摩擦音である「ふ」の子音(ɸ)とは別の音。

羅馬音中使用到的發f,其實等於用外語中類似的發音[f]著的白字,實際上脣齒擦音f和清雙脣擦音的「ふ」的輔音ɸ是不同的音。

アメリカ人は日本語の「ふ」つまり[Փu]を、“ちょっと違うけれど、英語で言えば[fu]に當たると受け取ってくれるでしょう。それで、ヘボン式ローマ字綴りは“近似値”として「fu」を採用したのです

可能美國人覺得日語中的「ふ」也就是[Փu]“雖然有些差別”,但用英語來説就是[fu]了吧。於是,平文式羅馬字拼寫的時候就採用了相近的“fu”。

舉個例子:

富士山は「Mt. Fuji」と書くけど、発音は [f] ではなく [Փ] 。どちらかというと「Hujisan」に近い。

富士山雖然寫作Mt. Fuji,發音卻不是[f] 而是[Փ]。硬要對比的話發音更接近“Hujisan”。

ローマ字でFUと書くにもかかわらず、HUのHに近い発音するのが彼らには理解できない。

儘管羅馬字寫的是FU,發音卻和HU的h相近,這一點老外們始終無法理解。

英語圏の人たちはローマ字つづりの福留の名前を「FUCK YOU DO ME(犯し犯され)」、「FUCK YOU DOME(犯しのドーム)」と読んでしまいやすいから大変。

英語圈的人很容易就會把羅馬字拼寫的福留的名字(FUKUDOME)讀成“F**K YOU DO ME(你懂的)”或者“F**K YOU DOME(你懂的)”之類的引來尷尬。

注:福留指的是棒球選手——福留孝介,活躍在棒球界的日本名人。他的名字因為羅馬音寫法和the F word相近,容易讓產生錯誤聯想。也因此他曾在一些綜藝中被稱為“難以向外國人介紹的日本名人”。

逆に日本人は [f] が [Փ] や [h] になりがち

反過來,日本人很容易把 [f] 發成 [Փ]或者[h]

[f] は日本語の中にはない発音のため、foodやfantasyなど、うまく発音できていない人は多そう。

[f] 這個音不存在於日語中,所以類似food或者fantasy這種詞,很多人沒辦法念標準。

[f]は下脣と上の歯、[Փ]は両方の脣という差はありますが、音色は似ています

雖然[f]的發音是上齒輕咬下脣,[Փ]則是雙脣摩擦,兩者有區別,但是音色很相似。

[hu]は喉で発音する、縁もゆかりもない、全く異なる音で、日本語には存在しません。

[hu]則是喉嚨發音,跟脣齒毫無關係,完全不同的一個音,日語中也並沒有這個音。

特に日本人が間違えて発音しやすいのが「Hood(フード、頭巾)」と「Food(食べ物)」。これらの単語の最初の子音はどちらも日本語の「ふ [Փ]」ではないため、意識しないときちんと発音できません。

日本人特別容易發錯的單詞比如hood和food。這兩個單詞的第一個輔音都不是日語中的“ふ [Փ]”,但不仔細注意的話就難唸對這兩個單詞。

推特網友為此吐槽:

ったみや@tamiya2121

將來どこかにスパイとして潛入する場合は日常の會話で「ふ」の発音したときに相手に日本人やとバレるらしいんで注意しなあかんらしいです by ドイツ語の先生

將來要是去哪裏當間諜,日常説話只要出現“ふ”的音就分分鐘暴露你的日本人身份。所以不注意點兒可是不行的哦 by 德語老師

聲明:本雙語文章的中文翻譯系滬江日語原創內容,轉載請註明出處。中文翻譯僅代表譯者個人觀點,僅供參考。如有不妥之處,歡迎指正。

相關學習推薦:

>>>日語入門新人領取專屬學習福利

>>>免費學日語音變與漢字發音規律